読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鶴の本返し

基本読書日記。たまに鶴の渡来地、鹿児島県出水市からの徒然日記。

2冊目。梅雨明けはまだ。~砂漠~

どーも。

梅雨明けしたように、暑い夏日が続いている出水からお送りしています。

天気が悪いと思って、日焼け止めを塗らずに日中外に出ていたら、

干からびてしまった本の虫です。

 

 

さてさっそく、今日は 伊坂幸太郎さんの「砂漠」です。

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41T43dRdclL._AC_US160_.jpgAmazon CAPTCHA

 

大学に入る前や入った当初に読んでほしい作品。

青春って言うほどキラキラしているわけでもないが、でもどこか楽しげで羨ましい大学時代を送っている男女の物語。

 

大学入ると時間が余るのか、男子は必ずハマる麻雀。その麻雀は東西南北で分かれてすゲームみたいだけど(私はよくしらないです。笑)

 

その東西南北ということで、

名前に「東」「西」「南」「北」が含まれる生徒を集める鳥居の奇妙な行動に巻き込まれた4人。

冷静に人を遠くから観察している、北村。

雑誌モデル並み美人で、東堂。

大人しいがいつもニコニコしている、南。

破天荒だがまじめな西嶋。

 

そんな彼らが紡ぎだす、普通のような変わっている大学生活の物語がいい。

 

この作品の名前の由来になった西嶋の言葉

「その気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」

 

このほかにも西嶋の言葉が何気にいい。

 

破天荒な西嶋の行動に周りの常識が覆されて、巻き込まれるのが、この物語。

 

ぜひ読んでみてくださいな。

 

 

ちなみに私は伊坂幸太郎さんの作品でハマったきっかけの作品は「陽気なギャングが地球を回す」です。よかったら読んでみてください。

 

では、ごきげんよう